安心してポルシェの車検を頼めました|ポルシェの車検依頼の極意をお教えします

ポルシェの車検っていくら?

news コメントは受け付けていません。

ポルシェ(車種はあえて秘密)に乗っていた頃、友人、あるいは取引先の人から
「車検、高いんだろ?どれくらい?」
よく聞かれたものです。

実は、それまで1度も車検を受けていなかった(車検付き中古を買ったので)、
「たいしたことないよ。日本車に毛が生えたくらい」と、一応言っておきました。
あくまで一応です。だって経験がないのですから。

ポルシェはビックリするくらいに壊れない車でしたから、これといったディーラーやサービスとのつきあいもなく相場も知りませんでした。
そうして、壊れないままに、つまり相場を知らないまま恐れた日が近づいて来ました。そう。車検です。

最近流行りの「1日車検¥9,800~」では、さすがに不安ですので(なにしろポルシェですから)、そこそこにつきあいのある整備工場へ。
一度、ベンツが工場に入ってたのを覚えていたからです。

 見積もりは・・・・?

「あら?」と言いたくなるくらい普通でした。
国産車と大差なし。
記憶が薄くなってますが、確か約24万程くらいでした。。

以前、シトロエンを所有していたのですが、それよりは安い。
シトロエンは、ハイドロニューマチックのボール交換が必須になっているので、それだけで6万円位かかりました、当時は!

「安いね」正直そう思いました。

ただし・・・・。
「タイヤは交換したほうがいいですね」
見れば、確かにすり減ってる。
(ポルシェはタイヤの減りが早い。まぁ、そういう車ですので)
というわけで、タイヤの見積もりをもらった。

「12万円!?」

1本3万円!
なにそれ?そんなタイヤあんの?

それに承諾すると、
「できればバッテリーも交換したほうが・・・」
「いくら?」
これが4万円くらいだったですかね。
永久に充電して使おう、と思いました。

後からカーショップに行ったら、なんのことはなく2万円。
基本ポルシェは壊れないので(当たりがよかったのかな?)、車検費用はたいしたことはありません。
ひとつずつの部品は、さすがに国産車より高いみたいですが。

都内でポルシェ車検をご検討中の方へ
http://www.porsche-seibi.jp/

911カレラの車検について

news コメントは受け付けていません。

昔からポルシェが憧れの車で、去年ようやくポルシェの911カレラを手に入れました。車検がちょうど切れる半年前と言うことで、割安になっていたものを、色々と交渉して、自分の予算に見合うものが手に入り、それなりに満足しています。
そしていよいよ今月に入って車検と相成ったわけですが、きっとそれなりの金額が出るだろうと覚悟していたんです。ですので、このカレラの車検用に50万円ほど予備に貯金しておいた定期預金を、をいざとなれば放出しようと考えていました。知人友人には、そこまでしてポルシェに乗るなんて、とよく言われますが、子供の頃の憧れですから仕方ありません。

そしていよいよ、わが愛車の検査当日、普段からとても良くしていただいている、知り合いの整備工場にわが愛車を運び、いざ点検が始まりました。実は既に検査の段階で必要になりそうなものは、全て交換しておいて在ったのでしょうか、知り合いの社長さん自ら点検が終了後に見せてくれた明細とクルマの写真では、オイルフィルターとエンジンオイルなどのみで、後は基本点検料などを含む、作業の工賃のみで済みました。そのほかに法定費用代行料そして交換した部品の費用などが掛かりました。そして肝心の費用は、なんと占めて17万円ちょっとで済んでしまったのです。もっと掛かると思っていたので、最初は間違いではないかと思ってしまったのですが、明細を見直して社長さんに確認したところ、確かに間違いは無いようで、驚きを隠せませんでした。普段からしっかり手入れはしておくべきだと実感した今回の点検でした。

専門認証工場をお探しの方へ
http://www.porsche-seibi.jp/

ポルシェの専門工場で車検を受ける

news コメントは受け付けていません。

憧れのポルシェを手にして、最初の車検を迎えました。とはいっても中古で購入したので、車自体は新車時から数えると3回目となります。ポルシェを専門に扱う車検・修理工場を利用したのですが、早期割引が適用されたので、ちょっと得をしたのと、専門工場だけあって、整備士の方々はポルシェのことを本当に良く知っており、安心して整備点検を任せることができました、

整備士といろいろ話したのですが、最近のポルシェは電子制御化され、コンピューターが走っていると言っても過言ではないそうで、そのために、ポルシェ専用のテスターがないと、センサー類やモーター類の正確な点検ができないのだそうです。もちろん、そこには専用テスターである「PIWIS1」や「PIWIS2」を完備していて、993、928、997、カイエン、など、すべてのポルシェに対応しているとのことでした。

ブレーキパットなどの消耗品の交換を行い、エンジンをオイルも交換しました。その際に、オイル漏れ個所が見つかり、そこもきっちり修理してもらいました。欧州車はなぜかオイル漏れすることが多いですよね。点検・整備が終わった後は、車が軽くなり、エンジンの調子が良くなったような気がしました。

車検では費用を安く抑えたいと思うものですが、それ以上に大切なのは、きちんと点検・整備してもらうことだと思っています。特に古い車を乗り続けようと思えばなおさらです。それがいつまでも安全で、楽しく、車に乗り続ける秘訣ですね。

専門認証工場をお探しの方へ
http://www.porsche-seibi.jp/

ポルシェの車検を依頼するには

news コメントは受け付けていません。

世界的にも有名なポルシェは国産車ではありませんので、どこに車検を依頼すれば良いか悩んでしまうところですが、新車販売店以外にも取り扱いのができる民間業者がたくさんありますので、試しに見積もりを取ってみることをお勧めします。ポルシェは整備料金や点検費用が高いのが普通ですが、それは輸入車ならではのプレミアム感を強調する営業手法ですから、適正価格でできる業者も少なからずあるのです。新車販売では高額な費用が掛かるため色々と探した結果、マリオットマーキーズに依頼することに決めたのです。

国産車しか取り扱ったことが無い業者ではポルシェ専用のテスターを持っていませんが、その整備工場では専用テスターを完備していますし、ポルシェ全車の整備や点検が可能です。高額な費用を掛けなくても車を良い状態に保てますので、マリオットマーキーズに依頼して本当に良かったと思います。

ポルシェに乗っているとエンジンやミッションのオーバーホールが時期が必ず来ますが、もちろんBOSCH認証整備工場でも対応できますし、サスペンションのリフレッシュや買取も行っています。また中古車の販売も行っていますので、次回の車検が来たら買取りと中古車の購入も検討したいと思います。適正価格で車検が取れますし、技術高さからくる安心感も魅力の一つと言えます。ポルシェはたくさんの中古車が販売されていますが、良好なコンディションを保つことが難しいため、確かな技術力を持つ業者に依頼して良かったと思います。

専門認証工場をお探しの方へ
http://www.porsche-seibi.jp/

安心してポルシェの車検を頼めました

news No Comments »

今乗っている愛車のポルシェの車検を依頼する時、少し迷いました。それというのも自宅のそばには外国の車種を取り扱っている業者さんが見当たらなかったからです。一度は買ったところのディーラーに持ち込んでお願いしようかと思いましたが、そちらですと少々割高になると思い、もう少し安いところはないかとネットから外国の車種でも頼めるところを探しました。

それでネットから調べてみて、家からは少し遠いですが、ポルシェを引き取りに来てくれる輸入車専門の車検代行業者さんが見つかりまして予約を入れました。当日は自宅まで代車を乗って来てくれまして、そのままポルシェを引き取る形で車検をお願いしました。その際に、軽くボンネットを開けて点検してみて、メンテナンスが行き届いているので、さほど費用は掛からないと告げられました。もし大きくお金がかかるようなことがあれば、都度電話で連絡を入れるとも言って貰えたので安心して任せることが出来ました。

後日車検が通って家に戻ってきたんですが、その時、点検個所を詳しくチェックした紙を持参し、その時にどうメンテナンスしたのかという事を、詳しく教えてもらえましたので、ここに任せて良かったと感じました。それに終わってみると、最初に提示されていた金額を少しはみ出るぐらいの費用で済んだので良かったです。

ブレーキの利きも良くなり、車を乗っている時にも今までよりも運転に軽さを感じるようにりました。快適に乗れていますのでこちらで頼んでよかったなと思っています。

専門認証工場をお探しならマーキーズ
http://www.porsche-seibi.jp/